脇の黒ずみ、ガンコなら皮膚科や美容クリニックに相談しよう!

薄い脇の黒ずみなら、自宅でセルフケアで薄くしていくことは可能です。

ただ、さまざまな要因が重なり合って出来てしまった濃い脇の黒ずみは、皮膚科を受診したほうがいかもしれません。

皮膚科では脇の黒ずみに対してどんな治療をしてくれるのか?かかるおおよその費用もまとめました。

また、普通の皮膚科と美容皮膚科を使い分ける基準も紹介しています。

普通の皮膚科では塗り薬の処方が一般的

ごく一般的な皮膚科で脇の黒ずみを治療してもらう場合、美白成分の入った塗り薬を処方されることが一般的です。

例えばメラニン色素沈着タイプの脇の黒ずみに処方されることが多い「ハイドロキノン」と「トレチノイン」。

ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑えてくれ、トレチノインは肌の代謝を高めて早く肌からメラニン色素をターンオーバーで追い出してくれる作用があります。

特にハイドロキノンは市販の物よりも高い濃度のものが処方されるので、より黒ずみに対して変化が見えやすいと思います。

保湿剤もしっかり処方してくれますし、かかる費用も保険適応なのでお手頃です。

ただ、脇の黒ずみにも種類があり、こういった美白成分や保湿成分で対処ができるのは「メラニン色素沈着タイプ」の黒ずみだけ。

脱毛で失敗して毛穴がぶつぶつしてしまった「埋没毛タイプ」や、皮脂が詰まったり古い角質が溜まった「汚れ黒ずみタイプ」には通用しません。

なので、メラニン色素沈着タイプではない場合や、脇の黒ずみの要因が複合的に重なり合っている場合、「自分でも黒ずみの原因がよくわからない」という場合には、さまざまなパターンの治療をしてくれる「美容皮膚科」にかかった方がスムーズです。

美容皮膚科では、塗り薬のほかにもさまざまな治療の提案がある

一般的な皮膚科に比べて、美容皮膚科は黒ずみ治療の方法が豊富です。

塗り薬のほかにも内服のビタミン製剤の処方や、弱い酸を使用して穏やかに古い角質を取り除くケミカルピーリングもやってくれるので、自分の脇の黒ずみに適したケアの選択肢が多いです。

ムダ毛の自己処理で失敗してぶつぶつになってしまってできた黒ずみや角質化して硬くなった黒ずみには、クエン酸などで肌の表面を柔らかくしてセルフケアしやすい状態へお肌を正常化してくれるなど、クリニックでしかできない方法を提案してくれます。

また美容皮膚科は保険適応外の審美治療も行っていることがほとんど。

保険適応の薬よりも、より変化が見えやすい高濃度の美白成分の外用薬や内服薬の処方、更にはメラニン色素を薄くする即効性のあるレーザー治療も可能です。

その分お値段は高くなってしまいます。一番費用が掛かるものがレーザー治療で、医院によって異なりますが数万~十数万はかかります。

お悩みに対してじっくりカウンセリングも行われるので、医院によりカウンセリング料金もかかる場合があり、一般的な皮膚科を受診するよりはコストが高くなります。

軽い黒ずみなら普通の皮膚科、ガンコなら美容皮膚科と使い分けよう

脇の黒ずみが軽いものなら、普通の皮膚科で処方される塗り薬でも、セルフケアより確実に変化が現れると思います。

風邪で内科を受診した時とそう変わらないような費用で治療を受けられるので、思ったよりも手軽です。

ただ、炎症やアトピーとは違い、審美的な面が強く普通の皮膚科だと肌トラブルとしてみてもらえないかもしれません。

受診しても薬を渡されて「数カ月後まだ気になるようなら来てください。」で治療が終わることもあるでしょう。

ですので、今までにセルフケアをしてみてなかなか変化が見えない、もうパッと見ただけで「うわ、黒い・・・!」というレベルなら、最初から美容皮膚科に行った方がいいと思います。

費用は掛かりますが、あなたの悩みに最適な治療を提案してくれるので、遠回りせずに美容皮膚科の受診がおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です