脇がブツブツ黒い、ワキが汚い・・・どうして?対処法は?【お悩み】

「脇がブツブツしていて汚い」「彼氏どころか友達にも引かれそう・・・」とお悩みの方、いませんか?

この記事では、そもそも脇がブツブツになるのはどうしてか?そして対処法はどのようなものがあるのかを紹介していきます。

脇のブツブツの種類・原因

脇にできるブツブツにも種類がありますので、まとめてみました。

毛抜きを使った脱毛で埋没毛→黒いブツブツに

毛抜きを使ったワキ毛の脱毛は、脇の皮ふに一番良くない行為。毛も切れて埋没毛になるし、周りの皮ふや毛穴自体にダメージを与えます。

埋没毛が皮ふの下で盛り上がって黒ずんで見える、または無理に引きずり出された毛穴の周辺組織がブツブツになっていることもあります。

カミソリ負けで炎症(毛包炎)になりブツブツ

カミソリでムダ毛の処理をしたとき、強く刃が皮ふに当たってしまうと傷ついて、炎症が起こることがあります。

特に毛穴にばい菌が入ってしまうと毛包炎という状態になり、赤くブツブツになったあと、色素沈着で黒いブツブツに変わることも。

皮脂が詰まった白いブツブツ、汚れが溜まった黒いブツブツ

皮脂が毛穴にたまっただけの状態だと、ブツブツは白いんです。

これが時間が経って酸化すると黒くなって、汚らしく見えるんですね・・・。

また黒ずみやブツブツを隠そうとして塗ったファンデーションや、汗を抑えるための制汗スプレーは毛穴をふさいでしまって、多用するほど黒ブツブツの原因につながります。

脇のブツブツの原因がわかれば、ケアもしやすい

脇のブツブツの原因がわかれば、ケアはそう難しくありません。

ムダ毛の自己処理を正しく行う

毛抜きでの脱毛はできれば避けたいところですが、するのであればお風呂に入ったり温タオルを当ててワキを温めてしっかり毛穴が開いてから抜くようにします。

カミソリの場合は、空剃りはやめてクリームやジェルを塗っておくと肌との摩擦を防げますし、毛の流れにそって毛を剃ると肌を痛めにくくなります。

毛包炎は肌を傷つけ荒れさせることでなってしまうので、とにかく皮ふにダメージを与えないように気を付けましょう。

毛抜き、カミソリどちらにしても、お手入れのあとには十分な保湿が大事です。

脇はいつも清潔に、保湿も欠かさない

汗腺が多く、皮脂も出やすい脇は、意識して清潔にしておかないとすぐに汚くなってしまう場所。

更に汗で湿り気を帯びている時間が長いので、ばい菌にもやられやすいし傷つけば炎症も起こしやすいデリケートゾーンなんです。

なので皮ふの薄い脇は日々優しく丁寧に洗い、荒れないように保湿を意識するだけでずいぶんブツブツをケアすることができます。

制汗スプレーなども使ったなら毎日キレイに洗って、皮ふの上に残しておかないようにしましょうね。

まとめ

ブツブツには埋没毛によるもの、毛包炎で炎症が起こってできるもの、皮脂が詰まって盛り上がっているものなどがあります。

それぞれムダ毛の処理を正しく行い、処理後のお手入れ(十分な保湿)を心がけたり、日ごろから清潔にしているだけでも脇のブツブツや黒ずみ、汚れの予防につながります。

汚いワキだと自分に自信が持てなくなっちゃいますから・・・

ブツブツの汚いワキ、黒いワキを正しいお手入れでケアして、すべすべのキレイな美ワキを維持していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です