脇の黒ずみを消したい人が試したい方法3選

ふと目に入って以来、気になってしまう脇の黒ずみ。

あの人黒いねーなんて他人から言われていないかと心配になり、コンプレックスを抱く人も多いのだとか。

「気付いてしまったなら速攻で消したい」と思いますよね。

脇の黒ずみを、速攻で消す方法は・・・無い

いきなり無いとか書いてしまってごめんなさい。

脇の黒ずみに限りなく短時間で変化がみられる方法もあるにはあるんですが、黒ずみ具合にも要因にも個人差があるので「これがベスト」は無いんです・・・。

それに、脇の黒ずみにはいくつかの種類があります。

  • ①皮脂が詰まったり古い角質が溜まって汚れて黒ずんで見える
  • ②脱毛に失敗して切れたムダ毛が皮ふの下に埋まって(埋没毛)ブツブツ黒ずんで見える
  • ③服のこすれや紫外線などの刺激によって発生するメラニン色素の沈着によって黒ずむ

①の汚れが原因なら、何度かしっかり洗って清潔にしていけばケアができるでしょう。

②は皮ふの下に丸まっているムダ毛を処理しないと解決しませんし、色素沈着はメラニン色素が出ている部分の皮ふが代謝で垢としてはがれ落ちるのを待たなくちゃならないので、時間がかかります。

ただ、どの原因にしても「ちゃんと正しい脇のお手入れ」をしていれば、何もしないよりは早く脇の黒ずみに変化が見えると思います。

そこで、脇の黒ずみを速攻で消すことはできるのか?検証余地のある方法3つを集めてみました。

埋没毛、皮脂や角質汚れにはピーリング、スクラブ洗浄がおすすめ

埋没毛は毛穴の中に毛が丸まっていたり、カサついた皮ふにフタをされて毛が出られないパターンがあります。

なのでピーリングで皮ふの表面を柔らかくしてやることで、埋没毛が出てこられるようになりやすいんです。

皮脂の詰まりや古い角質汚れには、スクラブ洗浄で詰まったり溜まった汚れをスッキリお掃除してやればOKです。

毛穴をスッキリさせられるので、スクラブ洗浄は埋没毛ケアにも。

ただスクラブ洗浄もピーリングも刺激が強いので、1~2週に1回ほどのペースに抑えます。

あまりやりすぎると、こんどは刺激が強くて色素沈着してしまいますから・・・。

また、ムダ毛の処理に毛抜きは辞め、カミソリもそっと丁寧にを心がけましょう。

色素沈着には皮ふ代謝を促す美白成分入り薬用化粧品などがおススメ

刺激を受けて見える形に浮き出てきた脇の黒ずみは、皮ふの新陳代謝を促してターンオーバーで追い出すしかありません。

慢性的な刺激によって起こりやすい炎症を抑えターンオーバーの乱れを整えて、できるだけ早く皮ふが生まれ変わるようにケアをします。

美白成分には、メラニン色素を生み出すメラノサイトの働きや色素に変換させる酵素をジャマをして色素発生を抑えるものや、色素を包み込んで表層へ持っていくもの等があります。

そんな美白成分のサポートになるような「新陳代謝を高める成分」も合わせて配合されている薬用化粧品などを使うのが、一番速攻で脇の黒ずみをケアする方法かと思います。

余裕があるならレーザー治療も

経済的に余裕がある・そんなにコツコツできないというなら、美容皮膚科などで専用のシミ取りレーザー治療という選択肢も。

レーザーで沈着したメラニン色素を破壊する、3つの方法の中では変化が見えるのが一番早い方法です。

ただ1~2週に1度ほどのペースで通院が必要。大体10回前後行い、値段も他の方法よりも高額です。

まとめ

  • 埋没毛は自己処理を見直す
  • 汚れ系・埋没毛にはピーリングやスクラブ洗浄(優しく)
  • 色素沈着には薬用化粧品やレーザー治療

速攻は難しいですが、脇の黒ずみケアは急がば回れの一言に尽きますね。

自分に合った方法を見つけて、早く悩む生活から解放されますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です