脇の黒ずみが治った人がやったこと、ずばりアレとコレだった!【解説付】

ここでは、「悩んでいた脇の黒ずみが治った」という人がやっていた事と、なぜ黒ずみが治ったかについて書いていきます。

程度の差はあれ、実は多くの人がひそかに悩んでいる脇の黒ずみ。

ネットなどでは「脇の黒ずみが治った!」という声も散見されます。

脇の黒ずみが治って、悩みからすっきり解放された人は何をやって治ったのでしょうか?

レーザー脱毛や光脱毛をしたら、脇の黒ずみに変化が見えた

脇の黒ずみの原因で多いのが、ムダ毛の自己処理で皮ふを痛めてしまうこと。一番良くないのは毛抜きで毛を抜くことで、カミソリで剃ることがそれに続きます。

毛抜きを使った除毛やカミソリでの自己処理は、皮ふを痛めてしまって刺激になり、メラニン色素を発生させてしまって黒ずむ原因になります。

レーザー脱毛や光脱毛は正しく行えば肌に一番負担をかけずに脱毛ができるので、刺激を減らすという部分で脇の黒ずみの要因を減らせますね。

更に、今まで定期的に毛抜きやカミソリで傷ついていた皮ふが傷つかなくなることで、肌のターンオーバーの乱れが整い、代謝能力が回復してきます。

代謝能力や肌のターンオーバーが正常になれば、徐々に脇の黒ずみは角質とともに排出されて、薄くなっていくので改善してきます。

古い皮脂が詰まったり角質が溜まってくすみ黒ずんでいたタイプの人も、ターンオーバーや代謝が正常化すれば、改善が期待できます。

地道に、脇の黒ずみ対策のクリームやローションを継続していた

脇の黒ずみの原因は「まちがったムダ毛処理」だけではありませんよね。

衣服とのこすれによって慢性的な刺激を受けていたり、紫外線による刺激も黒ずみの原因になります。

ムダ毛うんぬんに関係なく脇の黒ずみが治ったという人は、脇の皮ふへの刺激を減らして十分にこまめなケアをしていた人がほとんどです。

脇は汗をかきやすく最近も繁殖しやすいデリケートな部分。清潔にしておかないと痒みが出たり、炎症を起こしてカサカサ乾燥することもあります。

こまめに汗を拭いて清潔を保って、乾燥を防いで皮ふを柔らかく保つために十分に保湿をすることが、脇の黒ずみケアにはとても大切なんです。

脇の黒ずみに変化が現れた人は、保湿もしつつ、「脇に使える黒ずみケアのクリームやローション」も継続している場合が多いです。

保湿をして、皮ふの代謝を良くしてターンオーバーを正常化するだけでも黒ずみは徐々に変化していきます。

ですが黒ずみケアの商品には美白成分や代謝を活発に促す成分が多く含まれているので、更に変化が目に見えるんですね。

代表的な美白成分には「ハイドロキノン」と「トレチノイン」。

ハイドロキノンは、シミを作り出すメラノサイトを弱らせ、しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする成分。

トレチノインは非常に強力にターンオーバーを促してくれる作用をもつ成分です。

これらふたつの力を借りたことで、ただ保湿をするだけよりももっと効率的に脇の黒ずみをケアしたことで、脇の黒ずみに変化がしっかり現れたようです。

脇の黒ずみの原因や程度は、人によってさまざま。同じようにケアをしていても、なかなか薄くなっていかない人もいるし「治った!」という人もいます。

ただ、脇の黒ずみが治った人に共通するのは「まちがったムダ毛処理を避ける」「地道に基本的な黒ずみケアを続ける」という当たり前のことの積み重ねでした。

脇の黒ずみケアは時間がかかりますが、地道な積み重ねが一番の近道なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です