脇の黒ずみを消したい人が試したい方法3選

ふと目に入って以来、気になってしまう脇の黒ずみ。

あの人黒いねーなんて他人から言われていないかと心配になり、コンプレックスを抱く人も多いのだとか。

「気付いてしまったなら速攻で消したい」と思いますよね。

脇の黒ずみを、速攻で消す方法は・・・無い

いきなり無いとか書いてしまってごめんなさい。

脇の黒ずみに限りなく短時間で変化がみられる方法もあるにはあるんですが、黒ずみ具合にも要因にも個人差があるので「これがベスト」は無いんです・・・。

それに、脇の黒ずみにはいくつかの種類があります。

  • ①皮脂が詰まったり古い角質が溜まって汚れて黒ずんで見える
  • ②脱毛に失敗して切れたムダ毛が皮ふの下に埋まって(埋没毛)ブツブツ黒ずんで見える
  • ③服のこすれや紫外線などの刺激によって発生するメラニン色素の沈着によって黒ずむ

①の汚れが原因なら、何度かしっかり洗って清潔にしていけばケアができるでしょう。

②は皮ふの下に丸まっているムダ毛を処理しないと解決しませんし、色素沈着はメラニン色素が出ている部分の皮ふが代謝で垢としてはがれ落ちるのを待たなくちゃならないので、時間がかかります。

ただ、どの原因にしても「ちゃんと正しい脇のお手入れ」をしていれば、何もしないよりは早く脇の黒ずみに変化が見えると思います。

そこで、脇の黒ずみを速攻で消すことはできるのか?検証余地のある方法3つを集めてみました。

埋没毛、皮脂や角質汚れにはピーリング、スクラブ洗浄がおすすめ

埋没毛は毛穴の中に毛が丸まっていたり、カサついた皮ふにフタをされて毛が出られないパターンがあります。

なのでピーリングで皮ふの表面を柔らかくしてやることで、埋没毛が出てこられるようになりやすいんです。

皮脂の詰まりや古い角質汚れには、スクラブ洗浄で詰まったり溜まった汚れをスッキリお掃除してやればOKです。

毛穴をスッキリさせられるので、スクラブ洗浄は埋没毛ケアにも。

ただスクラブ洗浄もピーリングも刺激が強いので、1~2週に1回ほどのペースに抑えます。

あまりやりすぎると、こんどは刺激が強くて色素沈着してしまいますから・・・。

また、ムダ毛の処理に毛抜きは辞め、カミソリもそっと丁寧にを心がけましょう。

色素沈着には皮ふ代謝を促す美白成分入り薬用化粧品などがおススメ

刺激を受けて見える形に浮き出てきた脇の黒ずみは、皮ふの新陳代謝を促してターンオーバーで追い出すしかありません。

慢性的な刺激によって起こりやすい炎症を抑えターンオーバーの乱れを整えて、できるだけ早く皮ふが生まれ変わるようにケアをします。

美白成分には、メラニン色素を生み出すメラノサイトの働きや色素に変換させる酵素をジャマをして色素発生を抑えるものや、色素を包み込んで表層へ持っていくもの等があります。

そんな美白成分のサポートになるような「新陳代謝を高める成分」も合わせて配合されている薬用化粧品などを使うのが、一番速攻で脇の黒ずみをケアする方法かと思います。

余裕があるならレーザー治療も

経済的に余裕がある・そんなにコツコツできないというなら、美容皮膚科などで専用のシミ取りレーザー治療という選択肢も。

レーザーで沈着したメラニン色素を破壊する、3つの方法の中では変化が見えるのが一番早い方法です。

ただ1~2週に1度ほどのペースで通院が必要。大体10回前後行い、値段も他の方法よりも高額です。

まとめ

  • 埋没毛は自己処理を見直す
  • 汚れ系・埋没毛にはピーリングやスクラブ洗浄(優しく)
  • 色素沈着には薬用化粧品やレーザー治療

速攻は難しいですが、脇の黒ずみケアは急がば回れの一言に尽きますね。

自分に合った方法を見つけて、早く悩む生活から解放されますように。

脇が黒いとワキガの因果関係はあるか調べてみた

脇のコンプレックスはムダ毛や黒ずみだけではありません。

ワキガに悩んでいる人は男女問わずたくさんいますが、なかなか自分ではわからないものでもあります。

「自分は脇が黒いからワキガなのかも・・・」と不安に感じている人もいます。

脇が黒いと、イコールワキガなのか?因果関係があるのかをまとめてみました。

脇の黒さとワキガ(臭うかどうか)は関係なし

結論から先に言うと、脇が黒いからワキガであるという因果関係はありません。

ですが、脇の黒さの原因が不衛生(清潔に保たれていなくて、皮脂が詰まったり古い角質が溜まって黒ずんで見える)からきているなら、ワキガでなくても臭うことはありますね。

また、たまたま偶然ワキガ体質の人が脇の黒ずみにもダブルで悩んでいたという事はあり得ます。

なぜワキガと脇の黒さに因果関係は無いかを説明していきますね。

ワキガの原因はアポクリン腺の活発な働きによるもの

そもそもワキガは、毛穴の中にあるアポクリン腺からニオイの強い汗が分泌されておこるもの。

服に黄ばみを付けてしまったりすることはありますが、汗の中にメラニン色素が含まれているわけではないので、ワキガで色素沈着はしません。

皮脂が詰まったり古い角質が溜まって黒ずんで見えるタイプの黒い脇と、埋没毛(切れたムダ毛が毛穴の中で丸まって黒くボツボツする)で脇が黒ずんで見えるタイプは、理由がワキガに限ったことではないですよね?

ワキガ=脇が黒いは成り立たないし、逆もまたしかりなんです。

ワキガだと、汗が多くて汚れやすいor気にしすぎて洗いすぎて荒れている事も

直接的な因果関係は無いですが、黒ずみの要素としては、少しだけ絡んでくる場合もあります。

ワキガの人は、そうでない人よりも汗の量自体が多く、汗腺の量も多い(アポクリン腺も多い)と言われています。

そしてわき毛が太かったり、量が多かったりということもワキガあるあるだそうで・・・。

毛が多いということは、毛穴が多いですよね。べたつく汗が多く出て皮脂も多く出て、毛穴も多い・・・

毛穴が詰まると、皮脂が酸化して黒ずん見えてきます。そういう理由で脇の黒ずみにも悩んでいるワキガの人はいます。

また反対に、においを気にして毎日ゴシゴシこすったり過剰にケアをしすぎて皮ふを荒らしてしまったり、制汗スプレーの多用で毛穴をふさいでしまって黒ずみにつながっている人もいます。

皮ふが荒れると炎症を起こし、メラニン色素が沈着を起こして黒ずみにつながります。

制汗スプレーで毛穴がふさがると、これもまた皮脂がスムーズに外に出ていけなくなるために毛穴が詰まり、黒ずんで見える要因になってしまいます。

まとめ

ワキガだと脇が黒い・脇が黒いからワキガで臭う、というのは因果関係がありません。

ですが、ワキガであるがゆえに脇が黒くなりがち・そういう環境になりやすいのは事実です。

因果関係は無いとしても、他人から見てやっぱり「(あの人の脇、黒い!)」「(黒い脇してるし、やっぱり臭うのかな・・・)」と思われてしまうのは非常にツライもの。

もしも今脇の黒ずみで悩んでいるのなら、そのせいでワキガ・体臭までキツイと思われてしまうのを防ぐためにも、早めのケアを意識していきたいですね。

脇の黒ずみ、ドラッグストアで買えるものでケアはできる?

脇の黒ずみは暑い時期に薄着になって気付いたり、ワキ毛を処理したら下から現れたなど「いきなり気付いてずっと気になる」もの。

気付いたらすぐにどうにかしたいと思いますよね。

年中無休のドラッグストアには薬のほかにお肌のケア商品、薬用化粧品などもたくさん販売していて、ホームケアの強い味方です。

脇の黒ずみに、ドラッグストアで販売している商品でケアはできるのか?をまとめてみました。

自分の脇の黒ずみに合った商品を使えばケアは可能

脇の黒ずみには個人差があり、黒ずんで見える理由も大きく3つあります。

埋没毛でボツボツ黒く見える

埋没毛とはまちがったワキ毛の処理によって毛が途中で切れて、毛穴に閉じ込められてしまった状態のこと。

または肌の乾燥により古い角質で出口がふさがって毛が生えてこられないものも含みます。

皮脂や古い角質が詰まったり溜まったりして汚れて黒くくすむ

汗とともに皮脂分泌が活発な脇は、油断すると毛穴に皮脂が詰まりやすい部分です。

詰まった皮脂は時間が経つと参加して黒くなるのでこれも黒ずんで見える原因のひとつになります。

また古い角質が溜まっていくとパッと見の肌がくすんで見えるのは言うまでもありません。

メラニン色素の沈着で黒ずんで見える

服や肌着の脇の部分にいつも触れていてこすれている脇は、多かれ少なかれ常に刺激を受けています。

皮ふには摩擦のほかにも紫外線など、あらゆる刺激に対して体を守る生理反応があり、それが「メラニン色素を出す」なんです。

これら3つの原因・要因によって脇の黒ずみは起こり、それぞれ対処方法が変わってきます。

ドラッグストアで購入できる商品だけで黒ずみケアするなら、原因別に!

いろいろなケア商品が売っている反面、自分の黒ずみのタイプに合わないと悪化させてしまう事もあるので、慎重に試してみましょう。

埋没毛なら、刺激の少ない脱毛法に切り替える

毛抜きやカミソリでワキ毛を処理すると、毛が途中で切れて埋没毛になりがちです。

ドラッグストアで売っている商品のなかでは「除毛クリーム」をお勧めします。

直接脇に塗り、少し時間を置いてシャワーで流すだけ。皮ふに直接刃を当てたり毛穴を引っ張ることが無いので、埋没毛になる心配がありません。

ただ除毛クリームは薬品で毛を溶かす仕組みですから、肌が弱い人は皮ふの荒れに気を付けましょう。頻度も1~2週に1回ほどにしておくのが無難です。

皮脂・角質汚れはスクラブやピーリングでスッキリ清潔を保とう

皮脂が詰まっているなら、スクラブが入った洗浄料で丁寧に洗ってあげると、見違えるようにスッキリします。

角質もスクラブで落ちますが、穏やかな効き目のフルーツ酸配合のピーリングローションなどもくすみに変化を出してくれそうです。

脇の皮ふは思った以上に薄くセンシティブ。除毛クリームの時と同様、頻度は1~2週に1回程度、そして力加減と事後の保湿には気を配ってみてください。

メラニン色素の沈着には、美白成分入りの薬用化粧品

メラニン色素のケアは、真皮から表皮に移動、そして垢とともに排出されるのを待たなくてはいけないので時間がかかります。

ドラッグストアには皮ふの新陳代謝促進成分や、メラニン色素が作られるのを抑える成分が入った薬用化粧品などもあります。

埋没毛や皮脂詰まりではないなら、美白ケア薬用化粧品もおススメです。

まとめ

埋没毛は、より負担の少ない除毛クリームでワキ毛処理をしてみましょう。

皮脂や角質の詰まり・溜まりはスクラブやピーリングで清潔+保湿もしっかり。

色素沈着には美白作用のある薬用化粧品の継続使用がおススメ。

自分の黒ずみタイプにあった正しいケアをして、快適に過ごしましょう。

脇がブツブツ黒い、ワキが汚い・・・どうして?対処法は?【お悩み】

「脇がブツブツしていて汚い」「彼氏どころか友達にも引かれそう・・・」とお悩みの方、いませんか?

この記事では、そもそも脇がブツブツになるのはどうしてか?そして対処法はどのようなものがあるのかを紹介していきます。

脇のブツブツの種類・原因

脇にできるブツブツにも種類がありますので、まとめてみました。

毛抜きを使った脱毛で埋没毛→黒いブツブツに

毛抜きを使ったワキ毛の脱毛は、脇の皮ふに一番良くない行為。毛も切れて埋没毛になるし、周りの皮ふや毛穴自体にダメージを与えます。

埋没毛が皮ふの下で盛り上がって黒ずんで見える、または無理に引きずり出された毛穴の周辺組織がブツブツになっていることもあります。

カミソリ負けで炎症(毛包炎)になりブツブツ

カミソリでムダ毛の処理をしたとき、強く刃が皮ふに当たってしまうと傷ついて、炎症が起こることがあります。

特に毛穴にばい菌が入ってしまうと毛包炎という状態になり、赤くブツブツになったあと、色素沈着で黒いブツブツに変わることも。

皮脂が詰まった白いブツブツ、汚れが溜まった黒いブツブツ

皮脂が毛穴にたまっただけの状態だと、ブツブツは白いんです。

これが時間が経って酸化すると黒くなって、汚らしく見えるんですね・・・。

また黒ずみやブツブツを隠そうとして塗ったファンデーションや、汗を抑えるための制汗スプレーは毛穴をふさいでしまって、多用するほど黒ブツブツの原因につながります。

脇のブツブツの原因がわかれば、ケアもしやすい

脇のブツブツの原因がわかれば、ケアはそう難しくありません。

ムダ毛の自己処理を正しく行う

毛抜きでの脱毛はできれば避けたいところですが、するのであればお風呂に入ったり温タオルを当ててワキを温めてしっかり毛穴が開いてから抜くようにします。

カミソリの場合は、空剃りはやめてクリームやジェルを塗っておくと肌との摩擦を防げますし、毛の流れにそって毛を剃ると肌を痛めにくくなります。

毛包炎は肌を傷つけ荒れさせることでなってしまうので、とにかく皮ふにダメージを与えないように気を付けましょう。

毛抜き、カミソリどちらにしても、お手入れのあとには十分な保湿が大事です。

脇はいつも清潔に、保湿も欠かさない

汗腺が多く、皮脂も出やすい脇は、意識して清潔にしておかないとすぐに汚くなってしまう場所。

更に汗で湿り気を帯びている時間が長いので、ばい菌にもやられやすいし傷つけば炎症も起こしやすいデリケートゾーンなんです。

なので皮ふの薄い脇は日々優しく丁寧に洗い、荒れないように保湿を意識するだけでずいぶんブツブツをケアすることができます。

制汗スプレーなども使ったなら毎日キレイに洗って、皮ふの上に残しておかないようにしましょうね。

まとめ

ブツブツには埋没毛によるもの、毛包炎で炎症が起こってできるもの、皮脂が詰まって盛り上がっているものなどがあります。

それぞれムダ毛の処理を正しく行い、処理後のお手入れ(十分な保湿)を心がけたり、日ごろから清潔にしているだけでも脇のブツブツや黒ずみ、汚れの予防につながります。

汚いワキだと自分に自信が持てなくなっちゃいますから・・・

ブツブツの汚いワキ、黒いワキを正しいお手入れでケアして、すべすべのキレイな美ワキを維持していきましょう。

脇の黒ずみが治った人がやったこと、ずばりアレとコレだった!【解説付】

ここでは、「悩んでいた脇の黒ずみが治った」という人がやっていた事と、なぜ黒ずみが治ったかについて書いていきます。

程度の差はあれ、実は多くの人がひそかに悩んでいる脇の黒ずみ。

ネットなどでは「脇の黒ずみが治った!」という声も散見されます。

脇の黒ずみが治って、悩みからすっきり解放された人は何をやって治ったのでしょうか?

レーザー脱毛や光脱毛をしたら、脇の黒ずみに変化が見えた

脇の黒ずみの原因で多いのが、ムダ毛の自己処理で皮ふを痛めてしまうこと。一番良くないのは毛抜きで毛を抜くことで、カミソリで剃ることがそれに続きます。

毛抜きを使った除毛やカミソリでの自己処理は、皮ふを痛めてしまって刺激になり、メラニン色素を発生させてしまって黒ずむ原因になります。

レーザー脱毛や光脱毛は正しく行えば肌に一番負担をかけずに脱毛ができるので、刺激を減らすという部分で脇の黒ずみの要因を減らせますね。

更に、今まで定期的に毛抜きやカミソリで傷ついていた皮ふが傷つかなくなることで、肌のターンオーバーの乱れが整い、代謝能力が回復してきます。

代謝能力や肌のターンオーバーが正常になれば、徐々に脇の黒ずみは角質とともに排出されて、薄くなっていくので改善してきます。

古い皮脂が詰まったり角質が溜まってくすみ黒ずんでいたタイプの人も、ターンオーバーや代謝が正常化すれば、改善が期待できます。

地道に、脇の黒ずみ対策のクリームやローションを継続していた

脇の黒ずみの原因は「まちがったムダ毛処理」だけではありませんよね。

衣服とのこすれによって慢性的な刺激を受けていたり、紫外線による刺激も黒ずみの原因になります。

ムダ毛うんぬんに関係なく脇の黒ずみが治ったという人は、脇の皮ふへの刺激を減らして十分にこまめなケアをしていた人がほとんどです。

脇は汗をかきやすく最近も繁殖しやすいデリケートな部分。清潔にしておかないと痒みが出たり、炎症を起こしてカサカサ乾燥することもあります。

こまめに汗を拭いて清潔を保って、乾燥を防いで皮ふを柔らかく保つために十分に保湿をすることが、脇の黒ずみケアにはとても大切なんです。

脇の黒ずみに変化が現れた人は、保湿もしつつ、「脇に使える黒ずみケアのクリームやローション」も継続している場合が多いです。

保湿をして、皮ふの代謝を良くしてターンオーバーを正常化するだけでも黒ずみは徐々に変化していきます。

ですが黒ずみケアの商品には美白成分や代謝を活発に促す成分が多く含まれているので、更に変化が目に見えるんですね。

代表的な美白成分には「ハイドロキノン」と「トレチノイン」。

ハイドロキノンは、シミを作り出すメラノサイトを弱らせ、しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする成分。

トレチノインは非常に強力にターンオーバーを促してくれる作用をもつ成分です。

これらふたつの力を借りたことで、ただ保湿をするだけよりももっと効率的に脇の黒ずみをケアしたことで、脇の黒ずみに変化がしっかり現れたようです。

脇の黒ずみの原因や程度は、人によってさまざま。同じようにケアをしていても、なかなか薄くなっていかない人もいるし「治った!」という人もいます。

ただ、脇の黒ずみが治った人に共通するのは「まちがったムダ毛処理を避ける」「地道に基本的な黒ずみケアを続ける」という当たり前のことの積み重ねでした。

脇の黒ずみケアは時間がかかりますが、地道な積み重ねが一番の近道なのかもしれません。

【脇の黒ずみ】メンソレータムのワキレホワイトでケアできる?成分を調べました

この記事では、ロート製薬が脇の黒ずみケア商品として市販している「メンソレータム ワキレホワイト」についてまとめています。

この会社のメンソレータムというブランドラインが市販している「ワキレホワイト」という商品はご存知ですか?

ワキレは製薬会社が作る、脇の黒ずみケア用化粧品

脇の黒ずみケア用品はさまざまな会社が手掛けています。

ワキレホワイトを製造・販売しているロート製薬といえば、知名度もある大手製薬会社ですから信頼感がありますよね。

分類としては薬ではなく「化粧品」の扱いになり、自分の脇の黒ずみのタイプに適していれば、継続使用によって十分に黒ずみのケアに使える商品です。

なので、ロート製薬の公式サイト上でも、全成分を閲覧することができます。(化粧品は成分をすべて表記するきまりがあり、医薬部外品はすべての成分の表記は任意)

どんな成分が入っているのかご紹介します。

美白をケアする成分

ワキレに含まれている、黒ずみを予防・ケアをしたい人のための成分はこちら。

  • 3-O-エチルアスコルビン酸(高浸透ビタミンC誘導体)
  • プルーン分解物(メラニンを作っても外から見えなくさせることで肌を黒く見せない。メラニンを包み込み表皮へ持っていく)
  • メマツヨイグサ種子エキス(月見草エキス。抗酸化作用・ポリフェノールの一種)
  • クエン酸(硬くなった皮ふを柔らかくして、ターンオーバーの周期を整いやすくする)

保湿・抗炎症をサポートする成分

ワキレに含まれている、保湿・抗炎症をサポートする成分がこちらです。

  • グリチルリチン酸2K(消炎効果や解毒作用、抗アレルギー作用)
  • アロエベラ葉エキス(保湿、抗炎症、殺菌)
  • フェノキシエタノール(低用量処方で十分な防腐・殺菌効果を発揮する、元々玉露の揮発成分に含まれていた成分)
  • ヒアルロン酸Na(保湿成分)
  • BG(ブチレングリコール。保湿・皮ふを整える成分、溶剤、粘度調整剤&ビタミンCの酸化を抑える働き)
  • スクワラン(保湿成分)
  • O-シメン‐5-オール(広範囲の殺菌性があり各種細菌やカビなどに広く緩く作用・継続使用で菌を減らしていける、人体に優しく口の中にも使える)

そのほかの成分(添加物など)

ワキレに含まれている、その他の成分(添加物など)は以下になります。

  • (C13,14)イソパラフェン(粘度低下剤、溶剤として)
  • バチルアルコール(油性基剤や乳化安定剤として。毒性なし)
  • EDTA-2Na(エデト酸二ナトリウム。硬水を軟化させる目的で配合されたり、透明化の目的で入れられる)
  • ポリソルベート60(界面活性剤として)
  • ラウレスー7(乳化剤、合成界面活性剤、可溶化剤、保湿剤として)

成分はそれなりに充実、化粧品なので成分配合の制限もない

ワキレには、美白成分・保湿成分がよく考えられて配合されているので、継続使用によって脇の黒ずみを予防・ケアする事はできると思います。

付け加えるならば、医薬部外品ではないので成分の配合量に制限もないです。

(医薬部外品や医薬品になると成分の配合量に制限がかかってしまうけれど効果効能がうたえる・化粧品は制限は無いからたくさん配合できるけれど効果効能はうたえないんですよね)

まとめ

ワキレは脇の黒ずみケアに手軽に使える商品ですが、すべての人に適しているかというと難しいです。

脇の黒ずみの程度や要因もさまざま。ガンコな黒ずみは本当にガンコです。

ワキレは希望小売価格が20g1,200円(税抜)。

脇の黒ずみをよりケアをしていきたいのなら、成分が充実するだけでなく高品質である方がいいんですが・・・例えばサメ由来の保湿成分「スクワラン」も品質はピンキリです。

値段相応、ということは覚えておきたいですね。

脇の黒ずみ、ガンコなら皮膚科や美容クリニックに相談しよう!

薄い脇の黒ずみなら、自宅でセルフケアで薄くしていくことは可能です。

ただ、さまざまな要因が重なり合って出来てしまった濃い脇の黒ずみは、皮膚科を受診したほうがいかもしれません。

皮膚科では脇の黒ずみに対してどんな治療をしてくれるのか?かかるおおよその費用もまとめました。

また、普通の皮膚科と美容皮膚科を使い分ける基準も紹介しています。

普通の皮膚科では塗り薬の処方が一般的

ごく一般的な皮膚科で脇の黒ずみを治療してもらう場合、美白成分の入った塗り薬を処方されることが一般的です。

例えばメラニン色素沈着タイプの脇の黒ずみに処方されることが多い「ハイドロキノン」と「トレチノイン」。

ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑えてくれ、トレチノインは肌の代謝を高めて早く肌からメラニン色素をターンオーバーで追い出してくれる作用があります。

特にハイドロキノンは市販の物よりも高い濃度のものが処方されるので、より黒ずみに対して変化が見えやすいと思います。

保湿剤もしっかり処方してくれますし、かかる費用も保険適応なのでお手頃です。

ただ、脇の黒ずみにも種類があり、こういった美白成分や保湿成分で対処ができるのは「メラニン色素沈着タイプ」の黒ずみだけ。

脱毛で失敗して毛穴がぶつぶつしてしまった「埋没毛タイプ」や、皮脂が詰まったり古い角質が溜まった「汚れ黒ずみタイプ」には通用しません。

なので、メラニン色素沈着タイプではない場合や、脇の黒ずみの要因が複合的に重なり合っている場合、「自分でも黒ずみの原因がよくわからない」という場合には、さまざまなパターンの治療をしてくれる「美容皮膚科」にかかった方がスムーズです。

美容皮膚科では、塗り薬のほかにもさまざまな治療の提案がある

一般的な皮膚科に比べて、美容皮膚科は黒ずみ治療の方法が豊富です。

塗り薬のほかにも内服のビタミン製剤の処方や、弱い酸を使用して穏やかに古い角質を取り除くケミカルピーリングもやってくれるので、自分の脇の黒ずみに適したケアの選択肢が多いです。

ムダ毛の自己処理で失敗してぶつぶつになってしまってできた黒ずみや角質化して硬くなった黒ずみには、クエン酸などで肌の表面を柔らかくしてセルフケアしやすい状態へお肌を正常化してくれるなど、クリニックでしかできない方法を提案してくれます。

また美容皮膚科は保険適応外の審美治療も行っていることがほとんど。

保険適応の薬よりも、より変化が見えやすい高濃度の美白成分の外用薬や内服薬の処方、更にはメラニン色素を薄くする即効性のあるレーザー治療も可能です。

その分お値段は高くなってしまいます。一番費用が掛かるものがレーザー治療で、医院によって異なりますが数万~十数万はかかります。

お悩みに対してじっくりカウンセリングも行われるので、医院によりカウンセリング料金もかかる場合があり、一般的な皮膚科を受診するよりはコストが高くなります。

軽い黒ずみなら普通の皮膚科、ガンコなら美容皮膚科と使い分けよう

脇の黒ずみが軽いものなら、普通の皮膚科で処方される塗り薬でも、セルフケアより確実に変化が現れると思います。

風邪で内科を受診した時とそう変わらないような費用で治療を受けられるので、思ったよりも手軽です。

ただ、炎症やアトピーとは違い、審美的な面が強く普通の皮膚科だと肌トラブルとしてみてもらえないかもしれません。

受診しても薬を渡されて「数カ月後まだ気になるようなら来てください。」で治療が終わることもあるでしょう。

ですので、今までにセルフケアをしてみてなかなか変化が見えない、もうパッと見ただけで「うわ、黒い・・・!」というレベルなら、最初から美容皮膚科に行った方がいいと思います。

費用は掛かりますが、あなたの悩みに最適な治療を提案してくれるので、遠回りせずに美容皮膚科の受診がおススメです。

脇の黒ずみ、脱毛で悪化の可能性が!その原因と対策まとめ

この記事では、脇の黒ずみと脱毛との関係性についてまとめてあります。

今まで特に気にしていなかったのに、脇を脱毛したら黒ずみができていた・濃くなった!という人がときどきいます。

脇の黒ずみの原因にはいくつか種類がありますが、まちがった脱毛の仕方をしてしまうと、今まで以上に黒ずみがひどくなることもあるんです・・・!

毛抜きやカミソリ処理だとボツボツしやすく、強い刺激を与えると色素沈着しやすい

脇は皮ふがやわらかくてデリケートな部分。強い刺激を受けると身体を守ろうとメラニン色素を自然に出して、それが黒ずみの原因になります。

毛抜きを使ってムダ毛を引き抜いて処理したり、カミソリで剃ると皮ふの下に切れた毛が埋もれて(埋没毛)ブツブツになって、黒ずむことも。

また毛を引っ張る時に毛穴に炎症を起こしてしまう・カミソリで皮ふが荒れて炎症になってしまうことで、これもまたメラニン色素が沈着して黒ずみの原因になってしまいます。

脇の黒ずみを悪化させない・薄くする脱毛は「とにかく刺激を与えない方法」

脇の黒ずみを気にする人は、上記のようなまちがった脱毛・自己処理をしてしまいがち。

これ以上脇の黒ずみを悪化させない脱毛方法は「刺激にならない方法を選ぶ」ことです。

代表的なものは、美容サロンなどでの光脱毛や、医療脱毛です。これは毛を強く引っ張ったり脇の皮ふをカミソリで傷つける心配がないので、一般的には脇の黒ずみに悩む人にはオススメされています。

ただきちんと施術をしてくれるサロンや医院を選ばないと、火傷をしてしまうこともありますしお値段も自己処理よりはずっとかかります。

自分でよく調べて、納得のいくようにしてみましょう。

自己処理をするにしても、お肌に何もつけずに空剃りをするのは避け、ボディソープをフワフワにしてつけたり、剃刀の刃の刺激を抑えてくれる専用のジェルやローションを使って、とにかく優しくやってみてくださいね。

サロン脱毛や医療脱毛をしたら黒ずみに気付いた・・・というときはとにかく早めに黒ずみケアする!

例えばサロンや医療脱毛でキレイさっぱり脱毛をしてみると「うそ!自分の脇の黒ずみ、ひどすぎ・・・」と驚く人も少なくは無いんです。

特に肌トラブルや火傷なんてした覚えはないけど・・・というなら「これまでは自分のムダ毛に目が行っていて気付かなかった」というパターンだと思います。

脇の黒ずみに気付けたのなら、それはもう今日からでも黒ずみケアをするのが一番の良策!

黒ずみのケアはそれなりに時間がかかるものなので、早く始めればそれだけ変化が見えてくるものです。

しっかり保湿を欠かさず、美白成分や代謝を良くする成分が含まれたローションやクリームなどを継続して使いながら、脇に刺激の少ない脱毛方法を続けていきましょう。

脇の黒ずみは、脱毛の方法やその後のケアで悪化もしてしまうし、薄く変化させていくこともできます。

ぜひ自分の脇の黒ずみに適した脱毛方法をみつけてみてくださいね!

脇の黒ずみが妊娠中がひどくなった!どうケアすればいい?

この記事では、妊娠中に脇の黒ずみにお悩みの方に向けた内容が書かれています。

妊娠中の女性の身体にはいろいろな変化が起こりますよね。

その中でも有名で、更にあまり人に言えないのが体のあちこちの黒ずみではないでしょうか?

乳首をはじめ、お腹や脇の黒ずみにも悩まされて「こんなに黒ずんじゃって、いつ治る?」と不安を覚える妊婦さんも多いんです。

実際、なんでそんなに黒ずんでしまうのか?治るのか?どうケアしていけば良いのかをご紹介します。

妊娠中の脇の黒ずみは、ホルモンバランスの変化のせい!

妊娠中ではない状態での脇の黒ずみにはいくつか明確な原因があります。

①まちがったわき毛の処理で皮ふが傷ついてしまったことで埋没毛(皮ふのすぐ下で毛がとぐろを巻いている状態)になりボツボツ黒く見える。

②皮ふが乾燥して硬くなり、皮脂が溜まったり古い角質が溜まってくすんでしまい、黒ずむ。

③服の摩擦や、紫外線による刺激でメラニン色素が沈着してしまう、などの原因で起こるものが多いです。

でも、妊娠中の脇の黒ずみはちょっと事情が変わってきます。

妊娠中に脇の黒ずみがひどくなるのは、上記の①②③の理由よりも「ホルモンバランスが変わってメラニン色素が多く出るせい」の方がずっと比重が大きいんです。

その証拠に、脇の黒ずみが濃くなるだけでなく乳首も色が変化し、シミやそばかすが目立ったり、お腹のど真ん中に正中線と言う黒ずみの縦線が入ってしまったりと、全身に影響が出ます。

急激にあちこち黒ずみが濃くなっていくので心配になりますが、これは出産後にホルモンバランスが整っていけば徐々に薄くなっていくので、過度に心配しなくてもいいんですよ。

中には完全には元通りにはならず、妊娠中よりは薄くなったけれど妊娠前よりも脇の黒ずみが濃いまま!というケースもあります。

その場合は、通常の脇の黒ずみケアのように、メラニン色素に対応したケアを心がけてみてください。

妊娠中の黒ずみ、カッコ悪いけれど保湿だけをしてじっくり付き合って

妊娠中の脇の黒ずみはびっくりするくらい急に進むので、自分に自信が持てなくなって落ち込むこともあるかと思いますが・・・

必ず産後には、妊娠中より薄くなっていくので、じっくり付き合うよりほかありません。

そして妊娠中の身体はとてもデリケートになっているので、あれこれケア用品を塗ったり飲んだりするのは避けたほうが無難です。

ハイドロキノンなど妊娠中や授乳中には使用できない成分も、黒ずみケア商品には多く入っていますので。

含有成分的に妊娠中に使えると言われているケア製品もありますが、それも自分の体調とじっくり相談して。産婦人科の医師に相談するのもいいですね。

妊娠中は最低限のケアだけ・・・良質な保湿成分の入ったクリームなどで保湿をしておくと、ホルモンバランス以外の理由での黒ずみのケアにもつながるので地道に続けてみましょう。

脇の黒ずみは市販商品でどこまでケアできる!?調べてみました

脇の黒ずみをケアするために病院へ受診したり専用の薬を使うのは、お金も時間もかかるし少しためらってしまいますよね。

この記事ではドラッグストアなどで市販されている商品で脇の黒ずみのケアができる商品をご紹介します。

自分の脇の黒ずみのタイプに合わせて商品を選ぶことが大切

脇の黒ずみは、大まかに分けて3つの原因によって起こっています。

埋没毛(毛穴の中に毛が丸まって黒く見える)

毛抜きなどでムダ毛を抜こうとして、切れて毛穴に残り、毛穴から外に伸びられずに出てこれなくなった状態が埋没毛です。

傷ついた皮ふがかさぶたになり毛穴をふさいで毛が閉じ込められてしまったのも当てはまります。

皮ふのすぐ下で毛が丸まっているので、黒いブツブツが遠目に黒ずんで見えるんです。

埋没毛パターンで脇が黒ずんで見える場合には、埋もれた毛を処理する必要があります。

皮脂が詰まり酸化したり、古い角質が溜まってくすんだ結果黒ずんで見える

脇は汗を多くかき、腕や足表面などよりもっとずっと皮脂の分泌が多い場所。

毛穴も大きいですから、意識して清潔にしたりケアをしないと溜まった皮脂が酸化して黒くなり、角質も硬く溜まってくすんでいきます。

このパターンの黒ずみは、毛穴の詰まりや古い角質を取り除いてあげる必要があります。

メラニン色素が沈着して黒ずんで見える

人の身体は肌着や衣服などがこすれたり紫外線などで刺激を受けることが続くと、メラノサイトという組織からメラニン色素を出して体を守ろうとします。

常に外気に触れている腕や足と違い、脇は皮ふ自体が薄くてデリケートな部分。

ダメージに備えてメラノサイト自体が元々たくさんある部分なので、ムダ毛のお手入れの刺激などで刺激を受けると黒ずみやすいんです。

色素沈着パターンなら、メラニン色素を取り除いてあげる必要があります。

脇の黒ずみケアにおススメの市販商品

自分の脇の黒ずみタイプがわかれば、それぞれの原因のケアができる商品を選んでいきましょう。

埋没毛が原因なら、ちぎれないムダ毛処理を心がける

ムダ毛処理の途中で毛が途中で切れてしまったり、傷ついてかさぶたで毛穴が覆われて起きてしまう埋没毛に対処するなら、皮ふや毛穴を物理的に傷つけにくい除毛クリームがおススメです。

更にベターなのはサロン脱毛などですが、費用も高めなのでここでは除外しますね。

ただ除毛クリームは毛を薬品で溶かす商品なので、皮ふにノーダメージではありません。

やりすぎると刺激になり、色素沈着を引き起こしかねないので、使う頻度・使い方に気を付けて試してみましょう。

皮脂・角質溜まりが原因なら、スクラブ洗浄やピーリングで清潔に!

皮脂汚れや古い角質汚れで黒ずんで見えるなら、スクラブ入りやピーリング効果のある市販商品、研磨効果ある重曹も黒ずみのケアにおススメ。

定期的に使う事で皮脂や角質が溜まるのを予防できます。

強くこすると刺激となり色素沈着の原因になるので、優しく試してください。

色素沈着で黒ずんで見えるなら、薬用化粧品がおススメ

メラニン色素が沈着した黒ずみを予防するには、薬用化粧品のメラニン抑制効果に頼るのもアリです。

トラネキサム酸やハイドロキノン、ビタミンC誘導体など高い美白効果のある成分が含まれた薬用化粧品は色素沈着タイプの黒ずみケアにおススメです。

まとめ

ムダ毛処理には除毛クリーム、溜まった汚れはスクラブやピーリングでキレイに。

そして色素の沈着には、薬用化粧品でメラニン色素ができるのを抑えて保湿。

自分の脇の黒ずみタイプに合わせれば、市販の商品でも十分に黒ずみのケアは可能です。

お財布とも相談して、脇の黒ずみに悩まされない生活を送りたいですね。